リモート会議(2019/05/07 VR会議の準備へリンク)の参加者にも適切なツールがインストールされていれば、VR会議を行う準備は完了です。事前に全ての参加者が、お互いに繋がっているかどうかを確認しましょう。



もしもVR会議の参加者が100人またはそれ以上と予想される場合、例えばセミナーのようなものである場合は?皆さんは、「ウェブ」と「セミナー」を合わせた「ウェビナー」をご存知ですか?

参加者が開催場所まで移動する手間を無くしたい、または、実際に開催場所に集まった参加者とオンライン上の参加者と一緒にセミナーを開催したい場合は、ウェビナー、つまり、仮想(VR)セミナーを検討してみても良いかもしれません。



ウェビナーは、より多くの人を参加者として集めるために便利な方法です。実際に開催場所に集まることができるかどうかに関わらず、ウェビナーを通して、多くの人が同じようにトレーニングやクラスを受けることができます。また、VR上の参加者も同等に質疑応答をしたり、アンケートやクイズなど、コミュニケーションを取ることも可能です。主催者がどのようなウェビナーを開くかにより、様々なオプションがあります。



GoToWebinar, AnyMeeting, Zoom など(利用後にはサービスの契約が必要)無料トライアルを提供しているウェビナーツールはおすすめです。まずは、どのツールが自分の開催するウェビナーに合っているかを確認してみてください。