フォーカスグループ(*)では、顧客からより明確で細かいフィードバックを収集し、顧客が何を求め ているかを見い出すことができます。特に、製品やサービスの紹介、変更、販売中止などの大き な決断を伴う時は(あなたの直感で判断せず)顧客からのフィードバックが大きな役割を果たし ます。



*フォーカスグループ:サービス、商品、宣伝などについてグループ対話形式で互いに意見を出し 合い、議論するために集められたグループ。

効果的にフォーカスグループの参加者を集めるための5つのステップをご紹介します。



1. 目的の設定

フォーカスグループの参加者からどのような情報を集めたいか?何を学びたいか?自分の目的を明 確にし、目的に合ったフォーカスグループを計画します。



2. 参加者を集める

フォーカスグループの参加者選びには注意が必要です。まずは目的を思い出してください。参加者 は企業の人々または消費者かどうか。年齢層。収入レベルや場所は限定すべきか。あなたの会社 を気に入ってくれている人々か、またはあなたの会社の製品を利用しなくなった人々に参加を求 めるべきか。ある程度の条件は必要ですが、異なる背景を持つ参加者を集めることも必要かもし れません。また、前もって参加を促したい人々に簡単な質問事項を送り、回答内容から選考する 方法もあります。

3. インセンティブ(参加意欲を引き出すもの)の提供

時は金なり。大切な時間を割いて協力してくれる参加者には、商品のディスカウントやギフトカー ドなど、お礼となるものを準備します。お礼は何であれ、相手の立場になり、フォーカスグループ への参加と価値のあるものを選びます。



4. 面接

参加者と個人面接を行うことで、相手の声のトーン、表情、雰囲気など、相手の細かな部分を知る ことができます。面接での質問事項は前もって準備をし、面接では相手に率直に質問します。相手 を先導することはせず、偏見なく、客観的に返答を受け入れます。



5. メモをとる

面接では相手をよく知る機会なので、参加者の雰囲気、表情、感情、質問に対してすぐに回答で きたか等に注目し、記録としてメモを取ることポイントです。



その他にも、フォーカスグループへの質問事項のサンプルはたくさんあります。フォーカスグルー プを成功させる秘訣は、とにかくしっかりと準備をしておくことが大切です。