スキャマーやスパマーは日々その技術に進化を続けており、詐欺を隠してまるで合法のやり取りであるかのように似せるのです。



PSPでも、Eメールのソースに目を通すことを余儀なくされ、それが合法か否か分析しています。Eメールのリソースを確認する方法を知らないと、合法のEメールと詐欺のものの違いを見分けるのは困難を極めるでしょう。また詐欺の罠に嵌ると、あなたのビジネスに対してサイバー上の泥棒によって一掃されてしまうでしょう。これは頭の痛い、誰も経験したくないことです。



連邦貿易委員会の調査によると、2017年に5人に1人が詐欺で損失を被り、平均でおよそ500ドルの、合計3億2800万円に被害額が昇ったとのことです。借金の額や特定の窃盗では、なりすまし詐欺は昨年の詐欺の報告で最も多いうちの一つでした。これらの報告のうち、21%の被害者はお金を実際に失っています。

来週は、共通に見られるサイバー詐欺についてまとめようと思います。ビジネスオーナーとして、お金を騙し取られる前に詐欺師の手口に気づくことができます。サイバー詐欺に騙されないために、気づいて備えることが必要なのです。