新しいコンピューターを購入するとなると、ほとんどの人がある先入観を持っているように思います。

Macに非常に比重を置いている仕事環境にいなければ、皆さんのほとんどが商品と互換性のあるMicrosoft officeに趣向が偏ります。Microsoft officeはすばらしい選択ですが、そこで一言!



皆さんがMacユーザーである、Macを検討している、AppleのiOfficeを持っているなら、MicrosoftのOffice、Excel、PowerPointと同じことです。iOfficeプログラムは、Pages、Numbers、Keynoteを表します。比較してみましょう。



1;Pages



Pagesは、MS WordのApple版と言えます。レイアウトはWordと異なりますが、基本的な特徴や機能はWordと同じです。Wordファイルフォーマットから挿入、転送しやすいので、互換性は問題ありません。一番大きな変化は、単純に新しいメニューとボタンになれることです。



2;Numbers



Numbersは、MS WordのApple版と言えます。Numbersは整頓と単純化の両面を伴いますが、利用できる機能やツールは非常に限られています。Excelはより複雑な計算を扱うpower spreadsheetユーザー向けですが、一方Numbersは単純な計算や見やすく整頓された機能を提供します。



3;Keynote



KeynoteはMS PowerPointのApple版と言えます。PowerPointからの全てのもともとあるテンプレートがあることは良いのですが、Keynoteは、プレゼンテーションをデザインするためのとても単純で簡単な両面を提供します。PowerPointでできるように、時系列でアニメーションのスライドショーを埋め込み、表現できます。そしてPagesとNumbersと同じく、PowerPointから挿入、転送する特徴があります。



オープンOfficeのように、その他無料のOfficeプログラムもあります。当初はSun Microsystems StarOfficeに基づいた、限定のオープンソースのオフィススイートです。あなたのビジネスに変化を加える必要はないかもしれませんが、もしその時が来れば、考え直してみては如何でしょうか?