セールスファネル、マーケティングファネル、またはコンバージョンファネル、人により呼び方は様々ですが、ビジネスの「ファネル」とは、広く集められた顧客が、検討・商談、そして成約という流れの中で絞られていくことを意味します。マーケティングファネルとは何でしょうか?



マーケティングファネルとは、(ビジネスで消費者の対象となる)人が「購入・アクション」を起こすまでの理論的な段階であり、「認知」から「アクション」までの過程を表します。



マーケティングファネルは主に、TOFU (Top of Funnel)、MOFU (Middle of Funnel)、BOF (Middle of Funnel) の3つの過程から構成されます。



1;TOFU: Awareness(認知)



まずは「認知」から始まります。会社が有名なブランドを持っていない限り、まずは会社名や製品名を認知してもらう必要があります。どのような会社で、どのようなサービスを扱っているのかが明確でなければ、消費者は生まれません。利益を生み出すだけが目的ではなく、見込み顧客を育てるために「認知」はマーケティングファネルの中で最も重要です。

具体的な方法として、マーケティングキャンペーン、SNS、ブログ、イベントやトレードショーなどで、会社や製品を広める事ができます。ここで重要なのは、あなたの会社名や製品名をできるだけ数多くの人に知ってもらうことです。もしも興味を持ってくれる人ができた場合は、「アクション・購入」に繋げましょう。



2; MOFU: Evaluation or Consideration(評価または検討)



次は具体的なアプローチ方法を絞り込みます。あなたの会社名や製品を「認知」した見込み顧客を「アクション」に繋げられるようにアプローチが必要です。例えば、無料ダウンロードやポッドキャストの提供、Eメールマーケティング、ブログやYouTubeチャンネルでの役立つ情報を発信し、あなたの会社や製品の利点となる情報を提供します。より多くの見込み顧客が興味を持ち、それぞれに評価をし、実際の購入に結びつけることが目的です。



3; BOFU: Conversion(転向)



最後は、見込み顧客が実際に購入するかどうかを決める最も重要な段階です。ただし、ここで終わりではありません。購入に結びつけるための動機付けが大切です。



具体的には、クーポンコードの発行、製品の無料版トライアル、ユーザーレビューの提供やイベントへの招待が良いでしょう。この段階で、見込み顧客の最終的なアクションが必要となります。中には離れていってしまうケースもあります。その場合は、提供された情報がその人たちの好みや求めていた物とは異なり、アクションには繋がらなかったという事になります。



最後に、利益よりも認知に重点を置いたマーケティング戦略で、あなたのファネルに人々を呼び込みましょう。あなたの会社や製品の価値、明確な情報を提供することで見込み顧客が増え、見込み顧客があなたの会社や製品の利益を見つける事ができます。見込み顧客がアクションを起こす手間の最後の一押しが大切です!