プライバシーポリシーのアップデートや公開、セキュリティ対策の強化などはすべて顧客データを保護するためには必要不可欠です。しかし、言葉でいうのは簡単ですが実際に行動を起こさなければ意味がありません。もし本当に顧客のことを思うならば約束をもってそれに従う必要があります。以下では、そのためにどうしたらいいのかということを説明します。



1) 提供する商品やサービスのビジネスプロセスを作成する。世の中が多様化した現在、すべての人が同じ価値観や常識を持つとは限らないからこそ、顧客のデータを保護するために何に一番納得がいくかということをオンラインとオフラインの両方で考えることが重要になってきています。



2) 提供する商品やサービスのビジネスプロセスを作成してはじめて従業員の手順になり、社内で混乱なく一貫性を持つためにも、この新しい手順が社内で公開や共有される必要があり、また、本質的価値にそった内容である必要もあります。



3) 新入社員の手順の責任者をアサインする。実行されるまで紙に書かれた規則と手順は全く意味を持たず、担当の責任者はすべての従業員に自分が想像したことやビジネス過程の品質管理について理解をしてもらえるようにしなければなりません。



4) 過程を検査と監査する。たとえ担当の責任者が管理していたとしても、システの中で見落としが発覚することもあるので、常に過程や手順を検査することで、システムのどの段階で見落としをしているのか、また、どのような改善が必要なのかを発見しやすくすることができます。