昔のCES(アメリカで毎年開催されるコンシューマー・エレクトリックショー)では、大きいスピーカーの進化したオーディオシステムを搭載していたり、洗練されたデザインの'未来型'の車が紹介されていました。今年のCESでは、その技術をはるかに超越し、コンピュータ技術や、自動運転、AIなどを搭載した車が紹介されていました。エンジンやメカニックよりもコンピュータ化や自動化が注目されています。



今年のCESでは、テスラや他の革新的な自動車メーカーに対抗して、自動車の製造メーカーは、いくつかの新しいコンセプトを発表しました。ここで重要なものを確認しておきましょう;



1;自律運転



自動車の製造メーカーは、より良いセンサーやカメラ、オペレーションシステムを搭載した自動運転技術の開発レース真っ只中です。車に搭載されているセンサーは、ソナー、レーダー、LiDARなど様々なものがあります。LiDARは新しいもので、これは、レーダーの基本技術を使っていますが、レーザの光を利用します。例えば、Toyotaの場合、Lexus SUVにはLiDAR技術を利用しています。このすべての技術は、安全で快適な最新の技術をお客様に届けることにつながります。



2;人工知能(AI)



自動運転の車は、将来的には実現するでしょう。もしA地点からB地点まで何も考えずにたどり着けるようになれば、理想的ですよね?運転手付きの車に乗りながら、他のこと、例えば仕事、ができるのですから。この技術が完成するまで、自動車メーカーは、AIをAlexaのような車内搭載のエンターテイメントとして取り入れています。Alexaが自動運転を実現することはまだできませんが、必要な情報を見つけてくることは可能です。



CESで見たところによると、最新の車は、コンピュータ化された移動機器のようになっています。今後、この技術の進歩の速さを見るのが楽しみです。

----------