画質の良いテレビスクリーンに慣れることはとても簡単です。私達のほとんどは、きっとHD以前のテレビスクリーンがどう見えていたか、忘れてしまっています。高解像度(HD)とは、1080p以上、つまりは1920ピクセル×1080ピクセル、トータルで2,073,600ピクセルの解像度のことを指します。ピクセルは、「Picture Element」から派生した言葉で、プログラムのできる色の基本単位を指します。ご存知の通り、ピクセルが大きいほど、画像はよりクリアでシャープに見えます。



スクリーンサイズも重要です。50インチや100インチのスクリーンと比べると、20インチ以下では、ピクセル数はそれほど画質に影響はありません。より大きなテレビになるにつれて、より良い画質、つまりはピクセルの大きさが重要となります。



2018年のCESで紹介された最も新しいテレビは、4Kや8K解像度の画面でしたが、この数字は何を意味するのでしょうか。簡単に言うと、この数字は、より大きなピクセルを持った、より良い画質の画面であることを意味します。



画面解像度の基準は、今ではUltra HDやUHDが有名ですが、4Kや4K Ultra HDと呼ばれるテレビも見つけることができます。厳密に言えば、4Kスクリーンは、3840×2160ピクセルでなんと、8,294,400ピクセルに値し、以前のHD 1080pと比べると4倍ほどのピクセル数になります。



ここで1つ大きな疑問が出てきます:Ultra HDスクリーンで見る場合、4Kのコンテンツはどこから持ってくるのでしょうか。4Kでのコンテンツが放送されるためには、十分に高い解像度で撮影する必要があります。そして、すべてのネットワークがこの4Kのサービスを提供しているわけではありません。いくつかストリーミングのコンテンツとして4Kがありますが、現時点ではかなり限られたものしかありません。